Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

気になる最新ハイエンドスピーカーの評価

ステレオサウンドの最新号(No.224)では「スピーカー一斉試聴テスト」が特集されています。2018年以降に発売された「ペア価格40万円以上1,000万円以下」の現行スピーカーから40モデルを選び、それらを価格帯により40から160万円と160万円から1000万円の2グループに分け、前グループを傅 信幸氏と山之内正氏、後グループを小野寺 弘滋氏と三浦 孝仁氏が試聴を担当されています。

 

 

 

今回のスピーカー試聴テストでは、各スピーカーで再生した試聴曲の音質を10点満点で採点しているのが大きな特徴です。ステレオサウンド誌では試聴モデルに点数をつけることはその点数が一人歩きすること恐れ(営業的な観点から?)あまりなされませんが、評論家の主観が入ったとしても、その評論家はどのモデルの音質やデザインが他のモデルと比較して気に入ったのか、読者としては知りたいところです。

 

 

 

音質を優劣を数値化することはできませんが、それぞれの評論家が主観的に良いと感じたモデルに点数を与えてその結果を公開して貰えるのは読者の私としては有難いです。点数も万能ではないように、言葉での表現・評価も大人の事情があるようで万能ではありません。点数の低いモデルの言葉での評価はネガティブなことは書かれていませんが、読者の心に響いてくるような文章にもなっていないような気がします。私の思い過ごしかもしれせんが…

 

 

下記のグラフは、小野寺氏と三浦氏が試聴されたモデルの中から、自分のリスニングルームでAccutonのスピーカーシステムと比較試聴してみたいモデルの点数を拾ってみました。小野寺氏・三浦氏とも一番評価されたモデルはB&W 801D4でした。2位には、小野寺氏はYG Acoustics Hailey 2.2、Magico好きな三浦氏はやはりMagico A5を選ばれています。YG Acoustics のスピーカーはスフォルツァートやDSAudioの試聴室でも採用されていますね。4ウェイのスピーカーシステムが好きな私としてはVivid Audio GIYA G3-S2 EXの評価が気になりますが、小野寺氏・三浦氏とも3位の評価でした。こうしてみると、2番目の選択に小野寺氏と三浦氏が求めている音の違いが表れているような気がします。

 

 

 

上記のグラフの基となった表です。文字が小さいので雰囲気だけ感じて下さい。それにしても、私も暇ですね~。

 

 

 

下記は、私のリスニングルームでAccutonのスピーカーシステムと比較試聴してみたいモデルのリストです。5機種もお願いするのは欲張り過ぎで、1機種だけを選べとしたら、やはりB&W 801D4を我が家で聴いてみたいですね。桃源郷に迷い込んだような音が体験できるのでしょうか。

  1. B&W 801D4
  2. YG Acoustics Hailey 2.2
  3. Vivid Audio GIYA G3-S2 EX
  4. Avalon Precision Monitor 3
  5. Magico A5

 

B&W 801D4 の自宅試聴が非現実的で無理なら805D4AccutonAS250-08-552 を採用したサブウーファーと組み合わせて鳴らすのもエンタテインメント性があって面白そうです。

 

またまた、私の妄想が始まりましたね😅

 

オーディオマニアが観た「地獄の黙示録」

2001年に公開された『地獄の黙示録 特別完全版』は劇場で観たのですが、先日、NHKで放映された『地獄の黙示録 ファイナル・カット』を録画して観ました。

 

 

 

地獄の黙示録』ではワーグナーの「ワルキューレの騎行」が効果的に使われているのは良く知られていますが、この演奏を鳴らしているスピーカーが凄いです。4インチドライバーと思われるユニットが4個X3列で計12個で鳴らされているのです。これでしたら、ヘリコプターの爆音にも負けない音で再生できるのでしょうね。映画館では数秒間の映像ですので、その凄いスピーカーの存在に気づかないかもしれませんね。妻はまったく気づかないと思います。オーディオマニアでも録画を一旦停止しないと見逃してしまいそうです。

 

 

 

ヘリコプターの内部から見た映像も一瞬ですがありました。140dB以上の音圧は出せそうですね。写真には写ってはいませんが、ソニーのオープンリールが使われていました。どんなパワーアンプが使われていたのか興味のあるところです。

 

 

 

この爆音に比べたら、我が家の音楽再生は夜中の蚊の羽音くらいの音圧で可愛いものです😅

 

映画ファンの方からは、「観るところはそこではないだろう」とお叱りを受けそうですが、オーディオマニアの性ですのでお許しを😅

 

ありがとう、私の旧リスニングルーム

私は転勤族ではありませんでしたので、そんなに数々の家(部屋)に住んだ印象はないのですが、振り返ってみると、生家、社員寮、学生寮、ホームステイ、間借り(2件)、アパート、社員寮、アパート、結婚して借家、公団の賃貸、マンション、そして現在の別荘、計13か所で暮らした計算になります。自分でもビックリしています。

 

今回はその中でも思いで深いマンション(本宅)を売却することにしました。「私と子供か、リスニングルームか選びなさい」と妻に言われながら、和室を防音室(リスニングルーム)にリフォームしたのが2000年でした。22年経った今でもその時のことをチクチク言われます。もちろん、家族あってのオーディオ(音楽)ですので、返す言葉もありません。妻に見捨てられなくて良かったです。

 

そんな思い出もある旧リスニングルームともついにお別れです。2015年末にオーディオの拠点を別荘の方に移してから、旧リスニングルームは空き室状態でしたが、いざ永遠の別れとなると、オーディオやルームアコースティックを学ばせてくれたその部屋に「ありがとう」と言いたいです。

 

2000年

以前は和室だった所がオーディオルームへと変身した直後の写真です。このころはアポジーシグネチャーキャリパーを愛用していました。デザインがおしゃれですね。

 

 

2003年

スピーカーをソニーのホーンシステムに変えました。1ドル360円の時代を知っている世代のディオマニアなら一度は自分の部屋で鳴らしたいですよね。ホーンも憧れの山本音響のSS300が手に入りました。佇まいに品がありましょね。

 

 

2007年

ルームアコースティックに目覚めたのがこの頃です。QRDのスカイラインとサーロジックのSVパネルが懐かしいです。実体験が自分の血となり肉となります。

 

 

 2012年

ウーファーのエンクロージャーを改造してミッドバスを追加しました。これがAccutonのユニットとの出会いになります。この頃に部屋の配置を180度変えました。

 

 

2014年

ホーンシステムにはエール音響の4550DEを追加、そして太鼓型エンクロージャーの三兄弟が完成しました。今思うと、この頃は若かった。

 

 

2015年

空き室になった旧リスニングルーム、すべてのオーディオ機器を別荘のリスニングルームに移動しました。

 

 

ありがとう、私の旧リスニングルーム。

 

ゆるーいガーデニングのお話

今年の夏は日照時間と降雨量とのバランスが草木の成長には良かったようですね。夏の暑さにかまけて庭の手入れを先延ばしにしていたら、雑草がここがチャンスとばかりに勢力圏を広げようとしています。

 

最近、だいぶ涼しくなってきましたので、愛猫のタウ君と一緒に雑草を退治しました。あまり頑張り過ぎると、ばね指や腱鞘炎になる恐れがありますので、一日数時間の作業で一週間で草取りがほぼ終了しました。

 

Good News:裏庭の高麗芝が雑草に負けていません😀



Bad News:バラの消毒のタイミングを逃したのが原因でしょうか、黒点病に罹ってしましました。葉っぱの無い可哀想な我が家のバラたちです😅



お隣さんのおかげで、自然豊かな借景を愛でながら朝食をとっていますと、小枝の先に何か動くものがいます。

 

 

 

台湾リスのつがいが可愛い仕草で木の実を食べていました。食事が終わると2匹で追いかけっこが始まりました。世間様には申し訳ないくらいのどかなひと時でした。

 

 

 

こちらは西斜面の庭です。お向かいさんから数年前に頂いたインパチェンスが世代交代しながら咲き誇っています。このインパチェンスフランネルソウは我が家の庭と相性が良いらしくこぼれ種で自然に増えています。

 

 

ディスクトップ型のスピーカーで音楽を聴きながらまったりと読書、秋ですね😀

 

やはりオフ会は楽しい!

Phile Webコミュニティを通じて最近交流が始まったAuro3Dさんのお宅を訪問してきました。他のオフ会同様、今回も目一杯外遊びして帰ってきた子供が ”あぁー、楽しかった” と母親に嬉しそうに報告するような感じのオフ会でした😀

 

下記のサイトのAuro3Dさんの「マイルーム」を読んで頂くと、Auro3Dさんのオーディオへの熱意が伝わると思います。

 

community.phileweb.com

 

類は友を呼ぶで、私が交流されているオーディオ愛好家の方々の内9割が自作スピーカーで音楽を聴かれていますが、私からみるとAuro3Dさんはその対極に位置する方で、ソナスのスピーカーで2chに加えてスピーカーを10台以上使って最新のマルチチャンネル再生を楽しまれています。

 

Auro3Dさんの2ch用のシステムは、上流からマランツOPPOSACDプレーヤー、プリが Immersive AV Preamp Processor と呼ばれている Storm Audio ISP MK2 (私には未知の世界の機器です😅)とOctaveのプリメインアンプ V70Class のプリ部、パワーアンプは V70Class のパワーアンプ部、といった構成でソナスのスピーカー Amator III を鳴らされています。

 

マランツSACDプレーヤーOctaveのプリとパワーアンプ部の両方を使って(音響補正補正なし)鳴らしたAmator IIIの音は「美しい音楽」と表現したくなりました。けっして「甘い音」ではありません。次に聴かせて頂いたAmator IIIにサブウーファーを加えてISP MK2で音響補正した構成は、Amator IIIの本質的な良さは残したまま音数や分解能が上がったように私には聴こえ、”私はこちらのほうが好きです”と告白、Auro3Dさんは前者の構成が好みだそうです。それにしても、「サブウーファー」の使い方が上手、音楽に実体感があります。

 

マルチチャンネル再生用の機器類は私には複雑すぎて人様に説明できるほと理解できていません。しかし、Auro-3Dで聴かせて頂いた音源『LUX』は、作為的に後方や天井から音が飛んでくることもなく、自然なマルチチャンネル再生でした。1970年代の4チャンネルステレオしか知らない私ですので、時代は進んでいるのだと実感しました。そして、スピーカーの数は力なり、と思いました。ステレオ再生で手一杯の私ですので、スピーカーが10台以上必要とするフォーマットには手は出せませんが、このような世界もあるのだと知り勉強になりました。

 

最後に、2ch用に使われているAmator IIIは素晴らしいスピーカーです。ステレオサウンドの最新号の特集「最新スピーカー40モデルの魅力」のPart1(40万円から160万円の20モデル)で試聴を担当された傅 信幸と山之内 正の両氏がベスト5の1つとしてAmator IIIを選ばれているのにも納得です。

 

StereoSound(ステレオサウンド) No.224 (発売日2022年09月01日) 表紙

 

 

Amator IIIはブックシェルフタイプですので、低音の再生を評価する時はこのサイズにしてはなんとかとエクスキューズがつきますが、Auro3DさんはAmator IIIと複数のサブウーファーをStorm Audio ISP MK2で音響補正して使われていますので、Amator IIIの上位機種であるAmati Traditionと同等かそれ以上の音質で鳴らされています。ブックシェルフタイプの良いところは、スピーカーはスピーカースタンドにのせられていますので、スピーカーから発せられた音の波面が自然に広がるような気がします。Auro3Dさん宅での2ch再生、音場の奥行き感は特質すべきレベルでした。

 

やはり、気の合った仲間とのオフ会楽しいですね。

 

大室山から愛でる「中秋の名月」

先日は幸い雲もなく「中秋の名月」を拝んできました。スマホの写真では肉眼でみるような美しさが表現できないのが残念です。

 

大室山のリフトは「中秋の名月」の日は特別に夜まで稼働していますので、その頂上から伊豆高原の夜景と月が観賞できます。大室山の標高は580m、当日は少し風があり長袖シャツを着ていても肌寒いくらいでした。下記の写真は大室山リフトのサイトから借りました。元旦は、ここから初日の出も見られますよ。

 

黄金に輝く月の美しさもそうですが、富士山も美しいですね。

 

 

大室山の頂上では、ライブの催しもあり、この写真の方は小田和正の曲を弾き語りされていました。近くにいたグループの女性が、”この曲を聴くと泣けてくる”とポツリ、私も同感です。

 

デジタル社会にあっても、このような超アナログ的な風習、大切にしたいですよね。

 

 

音を浴びる快感

ホーンシステムのエージングを兼ねてGrover Washington Jrの「Winelight」をそれなりの音量で聴いています。幸い妻は留守です。最大音圧はどれぐらいだろうと思いスピーカーシステムから1mの地点で測ってみましたら下記の結果がでました。適切な残響時間の部屋に加えてパワーアンプ5台で高能率のスピーカーユニットを駆動していますので、部屋が飽和することもなく歪み感はありません。

 

 

まずはホーンスピーカーから3mの地点(太鼓型スピーカーの斜め前)で聴きました。久しぶりに音が前に出てくるタイプでの試聴です。音量を低めに設定するとスピーカーの間のみにコンパクトな音場が現れます。ボーカルの口の小ささを求めているのでしたらバッチリです。

 

しかし、私はスピーカーに歌って欲しいタイプです。音量をかなり上げると、さすがにホーンシステム、本領発揮です。しかし、3mの地点では音量を上げると直接波が目立ち、ヘッドホンで聴いているような感じがしないでもありません。音に弱い妻に聴かせたら、ものの数分で部屋から出て行きそうです。

 

@3mでの光景           @4mからの光景

 

 

次は4mの地点(太鼓型スピーカーの斜め後ろ)にソファーを移動して試聴しました。太鼓型スピーカーの影響は受けていますが、直接波と間接波のバランスが良くなりました。Grover Washington Jrの「Winelight」は録音・演奏が良いですのでそれなりの音量で再生しますとオーディオ的快感が味わえます。歪み感が無いとうるさく感じないようです。もちろん、長時間の試聴は耳に悪いですので、何事もほどほどですよね😅

 

下記のような音源は適正な音量で優雅に聴いていますのでご安心ください。

 

 

 

ホーンシステムにも耳が慣れてくると、ある程度の音量以上では、Accutonのスピーカーシステムとあまり変わらないような気がしてくるから不思議です。スピーカーより部屋の要素が大きいのか、脳内補正の効果なのか、またはその両方なのでしょう。そうは言いながらも、38㎝径のウーファーを600Hz付近まで鳴らしていますので、スピード感・鮮度感がいまいちです。ゴンザエモンさんの真似をしてSB Acousticsの16㎝をミッドバスとして追加したら良さそうなどと「危険な妄想」をしています。私はAccutonの22㎝をホーンシステムのミッド用として購入したのがきっかけで、結果的にAccutonの4ウェイに至った(嬉しい誤算)経緯があります。

 

今回は、大音量に踊らされたオーディオの初心者のおバカなレポートでした😅

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

5月に咲いたアマリリスがまた咲きました。春咲き、初夏咲き、真夏咲き、秋咲きの品種はあるようですが、私がたまたま購入した品種は、バラの四季咲きのような品種だったのでしょうか。一年に二度大輪の花を楽しめたのですからラッキーです。