Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

My オーディオ機器

システムの構成図

セラミック振動板のAccutonとHornシステムが両立することを期待した配置で音出しを始めました。我が家のシステムは変則的で低音用ユニット(Sony SUP-L11)と中低音用ユニット(Accuton C220-6-222 )は両システムで共有しています。約100Hz以下を受け持…

フォノアンプ Sutherland Hubble

前回からの続きで我が家のアナログを紹介します。 ファノアンプは乾電池駆動方式を採用したSutherlandのHubbleを使用しています。MCカートリッジ使用時でもノイズレベルが低く高分解能で明確な音像表現が気に入り10年近く前に中古で購入しました。外観は下記…

今日は久しぶりにアナログの話題です

今日は久しぶりにアナログの話題です。我が家の場合、LPの再生はCD・ハイレゾ再生に比較して今一歩及ばずで、出番が少ない状態が長らく続いて いました。特に低域はCDの再生と比べると、私の機器の使いこなしも含めてアナログの限界を感じていまし た。しか…

TechnicsのリーフツィーターEAS-10TH1000の紹介

過去に、こんなユニットも使っていました。アルバムを見ていて思い出したしだいです。 現在は高音にフォステックスのホーンスピーカーT500MkIIを使っていますが、以前は TechnicsのリーフツィーターEAS-10TH1000を使用していました。このツィーターは生産中…

中村製作所 NSIT-2000plus MarkⅡ導入

ちょっと遅くなりましたが、正月休みにはPCオーディオと並行してこんなこともやっていました。 中村製作所 NSIT-2000plus MarkⅡ(200V入力)が昨年12月半ばに届いていたのですが、アンプ収納ラックが満杯で設置できない状況でした。いろいろ迷ったあげく…

マルチアンプシステム (1)

今後少し、マルチアンプシステムの話をしたいですので下記に私のシステムのブロックダイアグラム図を載せました。私のシステムはDEQX社のPDC 2.6Pを中心に構成されています。DEQXは基本的にはデジタルのチャンネルデバイダーですが、DAコンバーターとプリ…

はじめまして

オーディオ関連のブログをはじめました! オーディオ愛好家の皆さま宜しくお願いします。 まず初めに下記に私のオーディオシステムを紹介します。特徴はDEQX社のデジタルチャンネルデバイダを用いた4ウェイのマルチアンプシステムです。残念ながら、最近話…