Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

ホーンスピーカー

SB Acousticsのツィーターをシステムに組み込んでの調整・試聴(Day 4、最終日)

家の片付けで忙しく楽しいツィーター遊びが中断していましたが、久しぶりにオーディオ機器の電源を入れました。 SonyのSUP-T11とSB Acousticsのツィーターは4kHz 24dB/Octの設定で落ち着きそうです。車に例えると私的にはサーキット走行に適した設定を目標に…

SB Acousticsのツィーターをシステムに組み込んでの調整・試聴(Day 3)

前回の続きです。MidとHighのクロスの調整と試聴を繰り返して、自分がイメージしている音に近いと感じられるポイントを探しています。自作スピーカーだからこそ味わえる楽しみです。 試聴は下記の3種類の設定で行いました。 SUP-L11、SUP-T11の2ウェイ(試…

SB Acousticsのツィーターをシステムに組み込んでの調整(Day 2)

前回の続きです。MidとHighのクロスの調整をして遊んでいます。 今回試しているのはMidはSony SUP-T11、HighはSB Acoustics SB29BNC-C000-4の組み合わせです。下記の図の青線はMidとHighを共に3.15kHz 24dB/Octでクロスした時のアコースティックセンター軸上…

SB Acousticsのツィーターをシステムに組み込んでの調整(Day 1)

SB Acousticsのツィーター SB29BNC-C000-4 をホーンシステムに組み込んで、調整を始めました。 まずはMidとHighのユニットの裸特性を確認しました。マイクロフォンの高さは46cm円形ホーンとツィーターの中間、距離はツィーターから1mです。そして、測定に…

SB Acousticsのツィーターの測定結果

ようやく音響測定の「やる気スイッチ」が入りました。 下記のような簡単な治具を作り測定を行いました。ユニットは高さ1.2mでいちばん近い壁から1.3mの所に置き、マイクはユニットと同じ高さで1mの地点に置き測定しました。今回は頑張って水平方向の指向性…

3種類のツィーターの仮試聴

下記の3種類のツィーターの比較試聴は、本来なら測定してそれぞれのユニットでベストと思われるクロスオーバー周波数と減衰特性にて行うべきなのですが、今回使用するツィーターの能率の差が少ないので、今まで使用していたTechnics EAS-10TH1000の設定値(…

ツィーター用バッフルの完成

ツィーター用バッフルの工作は、亀に追い越されるくらいゆっくりとした速度で進んでいましたが、SB Acoustics SB29BNC-C000-4(写真左)とDayton Audio AMT2-4(写真右)のペアがほぼ完成しました。出来上がりだけ見ると一日で出来そうな工作ですが、一品も…

ツィーター用バッフルの工作

先日製作したツィーター用バッフルの試作品で問題なさそうですので、今回は正式版として15mm厚の無垢材で製作しました。2回ほどルーター加工に失敗しましたが、何とか左右2枚の加工ができました。下記はSB Acoustics SB29BNC-C000-4用で、Dayton Audio AMT…

ツィーターが届きました

注文していた下記の2種類のツィーターが届きました。 SB Acoustics SB29BNC-C000-4 (ベリリウム・ドームツィーター、写真右) Dayton Audio AMT2-4(エア・モーションツィーター、写真左) 青空工房でツィーター(SB Acoustics SB29BNC-C000-4 )を取り付…

ツィーターの「ジャケット買い」

ホーンシステム用のツィーターの話は頭の体操程度にかるーく考えていたのですが、スピーカーユニット大好きな私の背中を押すようなウィンター・セールをあるショップでやっていたので買っちゃいました。レコードの世界で言われる見た目重視の「ジャケット買…

ホーンシステム用のツィーターのゆるーいお話

我が家のホーンシステムのツィーターはTechnics EAS-10TH1000を使っています。EAS-10TH1000は1979年頃の発売ですが、私は生産終了の年に慌てて購入しました。 Technics EAS-10TH1000 ソニーのドライバー SUP-T11 は軸上では20kHz付近まで伸びていますが、ホ…

スピーカーの角度の調整

先日のオフ会で、ボロトレーンさんの友人のSさんが持参されたハイファイセットのベスト盤の録音が(もちろん演奏も!)素晴らしかったので、私も中古品ですが購入しました。そのCDが届いた夜は4回も繰り返して聴いてしまいました。音量を上げ過ぎないのがこ…

「トランス式アッテネーター」ホーンドライバーのレベル調整

1年以上まったく鳴らしていなかった我が家のホーンシステムでしたが、オーディオ仲間のゴンザエモンさんから「SONYのシステムもたまには音出しをしてあげてください」とのコメントを8月に頂いて、涼しくなった9月に入って重い腰を上げた私です。 その後、…

二階席の音の良さのヒミツ

先日のオフ会でホーンシステムを使ってマンハッタン・ジャズ・オーケストラのバードランドをプリアンプのボリュームを+2dB(午後2時の位置)まで上げて聴いたところ、ソファーに座る(一階席)よりソファーの後ろに立つ(二階席)位置の方が音の高さ方向の…

楽しいオフ会とベストサウンドは2階席で

ブログ仲間のボロトレーンさんと友人のSさんをお迎えして、我が家でオフ会を開きました。2回目の訪問のTさんがホーンシステムと光カートリッジを聴いてみたいとの連絡を受けて今回のオフ会となりました。 ボロトレーンさんとSさんも私と同様マルチアンプ方…

オーディオの秋とホーンシステムは消えていなかった😅

私にもやっとオーディオの秋がきました 先日、遠出して2軒のお宅にお邪魔して素晴らしいオーディオ再生を堪能してきました。細かくは書きませんが、2人ともデジタルチャンネルデバイダーを使った4ウェイのマルチアンプ方式でこだわりのスピーカーユニット…

ホーンスシステムが消えました!

もしかしたら我が家のホーンシステムで今までで最高の音楽再生ができるように調整できたかもしれません。 (注)良くなったと言ってもあくまでも当家比での改善の話ですので、過大な期待はしないでくださいね。 今までは「スピーカーが消える」レベルまでホ…

ホーンシステムの測定と調整(中音・高音編)

前回の「ホーンシステムの測定と調整(低音・中音編)」の続編で、今回は中音と高音に焦点を当てます。 高音用にはTechnicsのリーフ型ツィーターEAS-10TH1000を使っています。データシートをみると4kHzから100kHzまでほぼフラットな特性には驚きです。 下記…

ホーンシステムの測定と調整(低音・中音編)

今までの経験と聴感を基にデジタルチャンネルデバイダーの設定を見直しましたらホーンシステムでかなり自然な感じ(私の脳内イメージです)で鳴るようになりました。 音響測定が大好きな私としては、「私の聴感」と「測定データ」の相関に興味があります。絶…

ホーンシステムの逆襲

最近の私はホーンスピーカーシステムへの愛情が足りなかったようです。 一年ぶりに鳴らしている我が家のホーンシステムの音場感の狭さを愚痴ってしまいましたが、スピーカーシステム(ユニット)の能力不足ではなく私の調整の未熟さがその原因でした。反省し…

音を浴びる快感

ホーンシステムのエージングを兼ねてGrover Washington Jrの「Winelight」をそれなりの音量で聴いています。幸い妻は留守です。最大音圧はどれぐらいだろうと思いスピーカーシステムから1mの地点で測ってみましたら下記の結果がでました。適切な残響時間の部…

お帰り、ホーンシステム

1.ホーンシステムの配置 ホーンシステムはソファーの後ろで、健気にご主人様からお呼びかかかるのを待っている状態でした。2週間前、ホーンシステムの間にあった背丈1㎡ほどのCDラックを移動しましたので、下記のように音楽を聴きたくなる雰囲気が少し出て…

ホーンシステム側配置換え完了

レコードラック用の敷板を青空工房で加工しています。幅は1950㎜必要なのですが、1枚板が手持ちで無かったので、2枚構成にしました。マンションのリスニングルームで使っていた12厚の桧の合板を有効活用します。 左はBefore、右はAfterです。レコードラッ…

久しぶりの配置換え

リスニングルームの外に機材とソフト類を置ける場所があったらどんなに良いのだろうと、いつも思っている私です。そんなことを間違って口に出すと、妻から家を追い出されそうですので用心を怠ってはなりません リスニングルーム内での機材やラックの配置は、…

月刊誌ステレオ 11月号の特集「ホーン主義」

月刊誌ステレオ11月号の特集「ホーン主義」が本屋で目に留まり購入しました。特集は下記の文章で始まっていますが、私の世代はそうでしたが、今の若いオーディオ愛好家も同じような気持ちなのでしょうか。 「オーディオファンなら誰もが一度は憧れるホーンス…

ホーンシステム月間は終了

4月と5月はホーンシステムで音楽を堪能していました。ホーンシステムには、このところ愛情を注いでいませんでしたので、鳴らし始めは、表面的でそっけない感じでしたが、ひと月程鳴らしこんでからはそれなりに歌ってくれるようになりました。 特に意識した…

子供のオオカミが現れた

先日、久しぶりにホーンシステムを鳴らしてみましたがしっくりこない部分がありましたので、ツィーターをホーンタイプの Fostex 500A MkII から リボンタイプの Technics EAS-10TH1000 に変更して遊んでいます。いずれも、10年から20年前に購入した品です。 …

ホーン・システムではオオカミ現れず

先日紹介しました「ヒツジの皮をかぶったオオカミ的な音源」をホーンスピーカーでも聴きたくなりました。ホーンスピーカーはサブ的な扱いで約一年の間音を出すこと機会がありませんでしたので、音出しの前に定期点検を兼ねて音響測定を行いました。 スピーカ…

2017年の活動報告?

2010年11月にオーディオ関連のブログを書き始めて7年経ちました。自分でもこんなに長く継続できるとは予想もしていませんでした。皆様からコメントやナイスを頂いたのが励みになりました。 今日は2017年を締めくくり、今年のオーディオ関連の活動…

PARC Audio ウーファー PARC-L11

PARC Audio の PARC-L11 を聴く機会があり、弾力的で音離れの良い出音がすっかり気に入りました。このユニットは現在は生産終了となっているのが残念です。譲っても良いと言う方が居られましたら、ゲストブックの方にご連絡頂けると嬉しいです。 PARC-L11 PA…