Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

ミッドローのフラット化(シミュレーション)

最近は、スピーカー設計の支援ソフトウェア VituixCADイコライザーの機能を勉強しています。

 

我が家のシステムはマルチアンプ方式ですので、スピーカーの補正(イコライジング)はチャンネルデバイダーとパワーアンプ間にパッシブタイプのフィルターを追加して行います。パワーアンプとスピーカー間でも同じような補正はできますが、高電力に対応した部品が必要になりますので、コストパフォーマンスが劣る選択になります。音質は実際に聴いてみなければなりませんので、何とも言えないですが、私はパワーアンプとスピーカーは直結したいタイプなのです。

 

今回は、第一段階としてミッドローのAccuton C220-6-222の周波数特性のフラット化をシミュレーション上で試みました。

 

f:id:MyuAudio:20220117105735p:plain

 

 

下記はAccuton C220-6-222のユニットと太鼓型エンクロージャーを組み合わせた時の周波数特性です。私はデジタルチャンネルデバイダーを使い、このユニット (Mid-Low) を60から600Hz付近の帯域で使っています。今回は200から600Hz付近をどれだけフラット(音質は別にして😀)にできるか試してみました。部品代ゼロの遊びです。

 

f:id:MyuAudio:20220116200402p:plain

 

 

チャンネルデバイダーで560Hz の24dB/Octのローパスフィルターを追加した時の特性が下記になります。図では見やすいように上限の周波数を5kHzにしました。200Hzと400Hzで4dB程の差がありますので、これを無理のない範囲でフラット化してみます。

f:id:MyuAudio:20220116202923p:plain

 

下記はデジタルチャンネルデバイダーとパワーアンプ間に340HzのRCフィルターを追加した時の特性です。100-450Hz間が±1dBの範囲に収まりました。抵抗1個とコンデンサー1個のみでこれだけの改善が得られるのですから、やってみる価値はありそうです。もう少し暖かくなったら、床下に潜って実際に試してみましょう。位相の変化と周波数特性の平坦化、得るものもあれば失うものもありますが、聴感でどのような変化として捉えられるかも楽しみです。

f:id:MyuAudio:20220116202821p:plain

 

 

下記は上記の図の縦軸のスケールを変えて、4kHzの高域共振のレベルを確認しました。65dBほど減衰しているのが分かります。

f:id:MyuAudio:20220116210237p:plain

 

 

後、ほんのちょっと手間をかければ、4kHzの共振もほぼ無視できるレベルまで下げられます。制動力の弱い高域共振をノイズと捉えれば、90dB以上のS/N比がとれていることになります。チャンネルデバイダーでより高次のローパスフィルターに設定すれば、同様の効果は得られますが、クロス周波数付近の特性も変わりますので、音を聴いて判断するのが良さそうです。

 

f:id:MyuAudio:20220116205842p:plain

 

私が使っているデジタルチャンネルデバイダー(Accuphase DF-55)に帯域毎に、イコライジングする機能があればこのような外付けのフィルターなどで補正する必要もないのですが。無いものはしょうがない、清く受け入れるしかありません😅

 

まだまだ、VituixCAD は使いこなせていませんが、「習うより慣れよ」で頑張っています。シミュレーションではとんでもない間違いをしても、スピーカーユニットを壊すことはありませんから。

 

シミュレーションと試聴の両輪で、我が家のマルチアンプ方式の音が良くなることを願っています。今でも満足して音楽が聴けていますが、私が経験していない更なる高みの音楽再生の世界が待っているかもしれません。またもや、”やる事が一杯あって良いわね”と妻から言われそうです😅