Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

My オーディオ雑記

コンペンセータによる補正

我が家ではプリアンプにはアキュフェーズのデジタル・チャンネルデバイダー DF-55 とシームレスにデジタル接続(音量調整も)できるデジタル式のプリアンプ DC-330 を使っています。 デジタル・プリアンプ DC-330 アキュフェーズのプリアンプ DC-330 には下…

Apollon NC800 SLMは期待以上

先日スロべニアから届いた Apollon のモノラルパワーアンプ NC800 SLM を Accuphase のA30の代わりにウーファーを駆動して試聴しました。 左から Accuphase のA35、A30、DF55、上が仮置きのApollon NC800 SLM 試聴の前に2点確認する必要があります。その一…

低音用にはゾノトーン 7NSP-7070 Grandio

Accuphaseのパワーアンプのブリッジ接続時の音の良さをオーディオ誌の評論で拝見しますと、正しく我が意を得たりと思います。ブリッジ接続することによるパワーの増加は別にして、パワーアンプをワンクラス上のものに換えたような出音が得られます。音色が変…

Accuphase A35 を追加

「新しく家を建てたり大幅な改装を行った場合、音が落ち着くのには最低3年かかる。とても微妙な話だが気温の変化や湿度で部屋そのものが何度か収縮と繰り返すことで音が変わる。しかも放っておいてはダメで、ケーブルもセッティングもあれこれ試して目一杯…

Esoteric P0 でアップサンプリングは必要?

先日行ったスピーカーのセッティングが思いのほか上手くいったようで、音楽がとても気持ちよく聴けるようになりました。ミリ単位でスピーカーのセッティングを行った成果でしょうか、音像のブレが無くなり出音から時間軸の精度が上がったように感じます。 オ…

外部クロックの効果

我が家のリスニングルームが2016年末に完成して、ようやく部屋とシステムの両方が共に落ち着いてきましたので、長らく使っていなかったEsotericのマスタークロックジェネレーター G-03X を同じくEsotericの P0s に繋いで同期をとり、外部クロックの効果を確…

ボリューム・データ付きデジタル信号

DC-330とDF-55間の接続を更新しました。極細75Ω同軸ケーブルを使ったCoaxialでの接続でしたが、DC-330用のオプションボード DO2-HS1 が入手できましたので、LANケーブルを使ったHS-LINKに変えました。LANケーブルはエイム電子のオーディオLANケーブル "SHIEL…

2017年の活動報告?

2010年11月にオーディオ関連のブログを書き始めて7年経ちました。自分でもこんなに長く継続できるとは予想もしていませんでした。皆様からコメントやナイスを頂いたのが励みになりました。 今日は2017年を締めくくり、今年のオーディオ関連の活動…

2種類のスピーカーを愛す

先日、Accutonとホーンシステムの位置を入れ替えてから両方のシステムからより自然でしっとりした音で鳴るようになりました。小心者で不器用ですので二人の女性を同時には愛せませんが、この二つのスピーカーでしたら同じ位の愛情を注げそうです。 オーディ…

回遊魚型オーディオマニア

一部の回遊魚が動きを止めたら息ができないため常に泳ぎ続ける魚がいるように、オーディオマニアにも常にシステムをいじっている(改善?)方々がおられます。まさしく、私もそのうちの一人で、回遊魚型オーディオマニアとでも命名しましょうか。 下記の写真…

VPI HW 16.5 レコードクリーニングマシン

長らく出番の無かった機器がVPIの吸引式レコードクリーニングマシン HW 16.5 ですが、アナログを再開したのを機にラックの奥から取り出して試運転しました。HW16.5は115V仕様を直輸入したものですが、我が家では100Vでも全く問題無く動作します。 …

レコード外周型ディスクスタビライザーの効果

回、カートリッジ2機種(オーディオテクニカ AT-OC9/IIIとオルトフォンMC-A90)の私的な比較試聴の結果を報告しましたが、今回はVPI製のレコード外周型ディスクスタビライザーの私的インプレッションを紹介します。VPIの正式な商品名はStainless Steel Oute…

カートリッジの聴き比べ

纏まった時間が取れましたので、手持ちのカートリッジ2機種を集中して聴き比べてみました。両者にはかなりの価格差があり、それが音の差にどのように現れるのか興味があります。 オーディオテクニカ AT-OC9/III と オルトフォンMC-A90 現役時代は精神的な余…

我が家のアナログ - ターンテーブル・カートリッジ編

我が家のアナログは引っ越しやリフォーム工事などがあり長い間放置状態になっていたのですが、最近部屋の環境も落ち着いてきましたので手を入れてみました。 まずは機器の紹介です。我が家のターンテーブルはVPIの2008年頃に発表されたARIES 3です。VPIには…

Accuphase A-35 購入

先日、近所の仲間とのテニスから帰ったら玄関にAccuphaseのパワーアンプ A-35 2台が届いていました。中古品ですが、シリアル番号が連番の品が売りに出ていましたので思い切って購入しました。妻の事前承認を取っていますので、堂々と玄関ホールに置かして貰…

スピーカー用インシュレーターと「やすらぎの郷」

最近はテニス三昧の日々で、オーディオは読書しながらBGMとしてお世話になっている程度です。 先日のスピーカー移動時に、長らく使っていなかったスパイク型インシュレーターを物置から取り出して久しぶりにスピーカー下に入れてみました。音はタイトな低音…

アナログ復活

我が家のフォノイコライザーは乾電池で動作します。引っ越しなどあり2年ほど電源を入れていませんでしたが、最近落ち着いてきましたのでアナログを復活させました。 単一乾電池16個を交換 カートリッジをトーンアームに取り付けてから、VPIの冶具を使って…

旧エンクロージャーとのお別れ

20年近く前ラフトクラフト社で製作して頂いたウーファー用エンクロージャーが我が家での役目を終えました。下記の左の写真がオリジナルの状態です。バスレフのポートには詰め物をして使用していました。2012年にミッドバスのユニット用の取り付け穴を、…

双頭の誕生

”いつになったら音楽聴けるの?”と妻に言われる前に、太鼓3兄弟とホーン3兄弟のインライン化を仮配線ですが一応音は出るようにしました。下記の写真はチョット「どや顔」の感じとなっていますが、双頭の初ショットです。 正面からですと、こんな感じです。…

小さいことは良いこと?

最近はルームアコースティック関連の改善も落ち着き、そして太鼓型スピーカーは事情があって止まっていますので、オーディオへの情熱が少し冷めつつあります。しかしながら、現役オーディオ愛好家としては継続jは力なりですので次の一手を打っています。 我…

変化はお好き?

回遊性の魚の一部は、泳ぎを止めると呼吸ができなくなるそうです。同じように(?)オーディオ愛好家の一部もシステムの変化を求めながら、好きな音源を楽しんでおられます。私もその一人ですね。私の場合、ルームアコーステックとスピーカー関連の改善には…

ユニットの配置 - 思案中です

オーディオ関連の工作はゆっくりですが順調に進んでいます。現在、Woody&Allen工房で製作して頂いています小型の太鼓型エンクロージャーは5月中旬に納品予定ですので、そのお迎えの準備をしています。 左下の写真は今までのユニットの配置(太陽系型)です…

試行錯誤を楽しんでいます

先週末はある物の自宅試聴の予定でしたが大雪の為、残念ながら実現しませんでした。次の機会に期待しましょう。 部屋のライブ化に向けて、いろいろ試行錯誤しながら室内音響の経験値を積み上げています。スピーカー間はそれなりに落ち着いてきたのですが、そ…

部屋が少し綺麗になりました

来週末、来客の予定がありますので、今日は部屋の片づけに精を出しています。スピーカー間に有ったミッドとハイ用の自作パワーアンプをスピーカーユニットの後ろに移動しました。チャンネルデバイダーからパワーアンプまでの信号は少し長くなりましたが、ス…

ラステーム・システムズRAD192D入手しました

昨日は久しぶりに秋葉原に行ってきました。まずは秋葉原駅をおりて、ラジオ会館1号店2階にある若松通商を探します。ラジオ会館1号店は見つかったのですが、若松通商の看板は見当たりません。2階はフィギュアのお店のみが入居しているのでしょうか。ちょっ…

パワーアンプ Yamaha B3 (Part 2)

先週はヤマハのパワーアンプB3の6台注中3台の動作試験を終え、今日は残り3台の確認を行いました。ご覧のように、今回も猫の手を借りてしまいました。 3台の確認の結果は、左の個体は正常動作が確認がとれましたが、他の2台の中身は残念ながらジャンク…

ヤマハのパワーアンプB3の動作確認

今日は愛猫の手を借りて最近入手したヤマハのパワーアンプ B3 の内部の確認と動作チェックを行いました。仕事がかなりはかどり、今日は3台の確認ができました。猫の手を侮ってはいけませんね。 下記の写真は底板を外した状態です。右側が前面パネル、その後…

パワーアンプ、新しい大勢の仲間達

ちょっとしたきっかけでパワーアンプを大人買いしていましました。とは言っても購入したのは30年前の製品で、YAMAHA のB-3です。このB-3は当時定価で20万円で販売されていた高級機です。B-3の機能美に惚れて、今回計6台入手しました。 この6台はジ…

猫に小判

夕食時に、我が家の愛猫がティシュ箱の取り出し口に手を突っ込んで寛いでいましたので、ステレオサウンド(SS)誌の最新号と一緒に記念写真をパチリ。愛猫はSS誌には全く興味示さず、チョット迷惑そうな表情しています。 2103年春号のSS誌の特集の一つは”欲…

インシュレータ交換

かねてより気になっていた、ターンテーブルのインシュレーターを交換してみました。下記の写真の左下の物が純正品、右下の物が今回使用したタオック 製で、3点支持としました。リジッド化したことにより、少しランブルノイズは増えましたが、再生音の方は低…