Myu Audio日記

オーディオ関連のブログです。

お花の楽園

昨日は天気の良さにつられてテニスを頑張り過ぎました。自分の年を忘れ朝の9時半から午後4時まで、同じくらいのレベルの人達とダブルスの試合を多数こなして、今日はあっちこっちが痛いです。テニスはミックスダブルスの試合もしますから、元お嬢様方が良いショットを打った時に自然にでる笑顔や豊かな感情表現に触れてエネルギーを貰っています。テニスをしている人は平均でも9.7年〜10年も寿命が長いそうですが、それも影響しているのではとひそかに思っています😀

 

 

どの季節も良いですが、今の時期は特に草花の成長が著しくて、その生命力に驚いています。毎日が日曜日の身になってからスローライフの良さを味わっています。

 

気の早い蕾だけですが、バラの花が咲き始めました。左はアウグスタ ルイーゼ、右は

マダムイサークプレールです。

 

 

今年はYouTubeで勉強して病害虫対策を真面目にしましたら、その結果が出ています。被害が出る前に対策するのがポイントだそうです。今年は強風で葉っぱが飛ばされなかったのも良い結果につながったのでしょう。



ある程度の被害は避けられません😅 罪のない虫も生きていかなければなりません。

 

 

種から育てているルピナスに蕾が付きました。開花が楽しみです。



こちらは美女なでしこリクニス・コロナリアフランネルソウ)の競演です。



昨年剪定したセイジ(左)が若返り可愛い花を咲かせてくれました。右は手間のかからないハーブがカバープランツとして活躍してくれています。



フォノイコライザの自宅試聴も楽しく進行中です。

 

まったりとした休日

伊豆高原では五月祭が開催されています。このイベントはギャラリーやカフェなどの商業施設だけでなく、普段は公開されていない作家のアトリエなどを会場にして、オープンハウス的な感じで作品が展示されているのが特徴です。

 



今日は天気が良かったので、下記のイベント用マップを頼りに妻と原付で別荘巡りを兼ねていろいろ作品を見させて頂きました。別荘地は道幅が狭かったりしますので、原付はとても便利なのです。

 

 

 

写真の上に置いてある卵は、作品を見た後、近くの別荘地を散策していましたら烏骨鶏を飼って居られるお宅があり、たまたま外に出て居られたご主人と世間話ができ、生まれたての烏骨鶏の卵を”卵かけご飯にすると美味しいよ”と言いながら下さいました😀

 

「美女なでしこ」に大きさ3cm程の蜂が、思わずスマートフォンを取り出して写真撮りました。近づいても怖がる様子もなく蜜を一生懸命に吸っていました。

 

 

まったりとした休日のお話でした。

人生初の二股?

当初、予定はしていませんでしたが、どうしても自宅試聴してみたかったフォノイコライザがありましたので、無理を承知で機器の貸し出しをお願いしましたらOKを頂きました。これで悔いのないフォノイコライザ選びができそうです。

 

早速届いたフォノイコライザを聴かせて頂いています。このフォノイコライザはSutherland Hubbleと同じ方向性の出音ですが、定位感が明確でサウンドステージが二回りくらい広いです。下方リニアリティも高そうで弱音の表現力も申し分ないです。私のスピーカーの調整力不足でその実力を出し切れていませんが、下記のレコードを聴いてその潜在力の高さは感じ取れました😅

 

 

 

先日紹介したフォノイコライザは音楽性豊かな表現が素晴らしかったです。こちらを導入すれば、我が家のオーディオも少しおとなの音路線にシフトできそうですが、迷っています。オーディオでは二股も許されるかも😅

 

もう一機種自宅試聴させて頂ける予定ですので、それを聴いてから導入する機種をゆっくりと決めることにします。買い物はどれにするか悩んでいる時が一番楽しいのですよね。

 

 

ちょっと寄り道してお花の話題

昨年、種を撒いた「美女なでしこ」が背丈が30cm程に成長して、色とりどりの花が見頃です。

 



こちらは、我が家の広報係の妻がスマホで撮った写真です😀

 

 

この時期の植物の成長はドッグイヤーの100倍位の速さですので、庭の散歩が楽しみです😀

 

アイアンマン型カートリッジ?

最近発売になったオーディオテクニカのカートリッジ「AT-ART20」の外観のデザイン、素敵ですよね。思わず、子猫や子犬をなでるように、すりすりしたくなるようなデザインです。映画のアイアンマンも連想してしまうは私だけ😀

 

ネット情報ですが、音もかなり期待できそうですので、どこかで試聴できるようでしたら聴いてみたいです。「聴いて良し・見て良し」なら誘惑に負けそう。

 

 

 

近々、あるカートリッジが自宅試聴できる予定です。それが届くまでいろいろ妄想を膨らましています。アナログは小物(安くはないですが)を集めて愛でる楽しみもあるようですね😀

 

素敵な出会いになるかも

今日は恵(生憎?)の雨でテニスはお休み。こんな日はオーディオと言うことで、借りているフォノイコライザ2機種を試聴しています。

 

試聴の環境は以下の通りです。

  • プレーヤー:ノッティンガム Spacedeck
  • トーンアーム:ロクサン TABRIZ-ZI +
  • カートリッジ:オルトフォン MC-A90
  • リファレンスのフォノイコライザ:サザーランド Hubble

 

 

まだ購入するか決めていませんので、機種名の公表は控えますが、2機種中1機種がクール(無色透明?)な表現が得意なサザーランド Hubbleとはまた違った良さを持っているのがわかりました。このモデルは音楽の表現がとても豊かで実体感があり、音楽を聴いているって感じにさせてくれます。ノッティンガムのプレーヤーとそのフォノイコライザの音の方向性(設計者の価値観)が合っているような気もします。

 

もう1機種はSutherland Hubbleと同じ方向性の音で、あえて導入する必要性を感じませんでした。ファッション(服や靴選び)と一緒で、オーディオも比較することによって”今の自分”が好きな音が分かります。

 

近々、もう1機種自宅試聴機が届く予定ですので、どんなアナログ再生が体験できるのが楽しみです。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

最近は高麗芝張りにも精を出しています。何回にか分けて切り芝を購入して1枚のサイズが30 x 37cmのものを最終的には200枚使いました。奥の緑が濃い部分は2年前に張った所です。素人の作業ですので、段差があるのと目地の幅が不揃いはご愛敬と言うことで😅

 

 

今日の恵の雨で芝が上手く根付いてくれそうです。そして、来年はあまりモチベーションが上がらない雑草取りが待っています。

 

フォノイコライザが届きました

今月はフォノイコライザ3機種を自宅試聴させて頂く予定で、その第一弾として2機種が届いています。自宅試聴はカートリッジはOrtofon A90を使い、現在愛用しているフォノイコライザ Sutherland Hubbleと聞き比べる予定です。私が望んでいるのは、今以上の立体感、奥行き感、そして音数の多さです。私が自宅試聴をお願いしている20-30万円クラスには求め過ぎでしょうか。いずれにしても、3機種の試聴が楽しみです。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

我が家から徒歩圏内にある湖に突然古びたボート小屋が出現しました。晴れていればもっと素敵な写真になったのでしょうがあいにくの天気でした。

 

 

近くから見るとこんな感じです。流石プロの技、味がありますね。近所の噂では何かのロケのセットだそうです。

 

数日前にこのセットは撤去されましたので、ロケは終わったのでしょうね。どんな場面で使われるのでしょうね。